池袋駅から27分、大宮駅から30分、川越駅から11分

鼻腔炎に対する外的治療(内視鏡下鼻副鼻腔手術

病的粘膜を開放し、中鼻道自然口ルートを開大させ、副鼻腔を広く交通させて単洞化する手術です。目的としては、広い換気・排泄孔を作成し、粘膜が正常化するのを助け鼻内環境と換気を改善します。

.jpg

上図は、院長が実際に手術した症例です。術前、副鼻腔に陰影があったものが術後消失し、鼻と副鼻腔は単洞化されています。

 

閉(鼻中隔弯曲症)に対する手術治療(内視鏡下鼻中隔手術(鼻中隔矯正術)

薬で無効な鼻詰まりは、鼻炎による粘膜の腫れも原因となりますが、骨・軟骨の構造(に問題がある場合があります。これらの手術では余分な骨や軟骨を除去するものでほぼ永久的な効果が見込めます。

 

.jpg